住宅ローンを借りるためには

住宅ローンというものは、申し込めば誰でも借りられるというものではありません。そこには必ず貸出審査が行われます。
貸出審査では、あなたの年齢や収入、勤務先やそこでの勤務期間、そして預貯金の額や、頭金の額など、事細かな項目がチェックされます。
それは貸し出す側である金融機関にとっても、きちんと返済する能力があるかどうかを確認するための、重要な作業なのです。

想像してみて下さい。もしあなたが誰かにお金を貸す立場だったとして、相手がどういう人間であるのか、そして貸したお金がちゃんと返ってくるのかどうか確信が持てないまま、貸すことが出来ますか?
それも、かなりの金額のお金を。きっと出来ないと思います。なので、こういった審査が行われるというわけなのです。
けれども、審査の際にどういう基準を満たせば通ることが出来るのか、そういったことは残念ながら公表されておりません。
そういった基準は金融機関それぞれで違っているようです。
ですので、Aという金融機関で審査が通らなくても、Bという金融機関では審査が通った、ということもままあるようです。
なので、一度審査が通らなくても諦めることなく、別の金融機関に当たってみるべきでしょう。

では反対に、どういった場合だと審査に通りにくいのかというと、
仕事先が変わってからまだそれほど期間が経っていなかったりすると、
そのことを「返済に関して不安定な要素」と判断され、審査が通りにくくなる傾向にあるようです。