離婚と住宅ローン

愛しあって結婚したはずの夫婦が、様々な事情から離婚してしまうということは、それほど珍しい話ではありません。
人生というものの先を読むことは、誰にも出来ません。「私たちは強く愛しあっているから大丈夫」だなんて考えているあなたも、絶対に無関係だという保証はどこにもないのです。
そして離婚を行うに際して、様々な事柄が問題となってあなたの前に立ちはだかるのです。

住宅ローンも、当然その問題の1つとなりうるのです。
離婚するということは、それまで行っていた共同生活の終了を意味します。
その時、たとえば住宅ローンが夫名義で組まれていたが、その家には妻が住み、ローンも妻が払うことになったとします。
ですが、妻の収入が少ない場合などには、その変更が認められないケースもあります。
また、ローンの連帯保証人が妻の名義で組まれていた時などには、
たとえ離婚したといっても、支払いが滞ってしまった場合には、妻にも支払いの義務が発生するのです。
ですので、離婚の際には住宅ローンをどのように処理するか、よく話し合いをもつ必要があります。

住居を売ることにした場合でも、ローンが終了しているのか、それともまだローンが残っているのかによって、状況は異なります。
ローンが終わっているならいいのですが、もし売却金額を差し引いてもまだローンが残る時などは、それをどのように処理するかを決めておかなくてはいけません。
このように、もし離婚する時には、ローンに関して事前にしっかりと話し合っておくことが重要となるのです。