返済期間の重要性

住宅ローンを組む際に重要になってくるのが、明確な返済プランを立てることなのですが、
では、その返済プランを立てる上で大きく関わってくるのが、「返済期間」なのです。

たとえば、3000万円のお金を借りることになったとします。この時、返済期間を長く設定すると、月々の返済額を減らすことは出来ますが、
住宅ローンには金利というものがありますので、それにより期間が長いことから返すお金の総額が多くなってしまいます。
また、返済期間を短く設定した場合には、最終的に支払うお金の総額を少なく抑えることが出来ますが、
しかし月々の支払いは多くなり、子供の出産や進学などで出費がかさんでしまった時などには、生活が圧迫されるなどというケースも起こり得るのです。
ですので、自分がイメージするライフプランに沿って、慎重に返済期間を設定しなくてはなりません。

こんなことを考えてみて下さい。あなたがボクサーだったとします。
では、自己分析をもとに、どういう種類のボクサーであるかを決定して下さい。
スタミナには自信があるが、パンチ力はあまりないタイプのボクサーであるのか、
あるいは、スタミナはないが、破壊力のあるパンチをもったボクサーなのか。
それによって試合運びも当然変わってくることと思います。
住宅ローンもそれと同じです。あなたのタイプにとって、一番有利なものを選択する必要があるのです。
そうすることで、住宅ローンというものにも勝利することが出来るでしょう。