頭金なしのローンは便利か?

住宅ローンを組む時に、多くの方が頭金を用意するかと思われます。
この頭金を多く用意することが出来れば、金利による負担の額を減らすことが出来ます。
それはすなわち、返済金額の総額を少なくすることになるわけなので、ローンを返済するという観点から見れば、返済者にとっては有利な状況を生み出すことが出来ます。

しかし、必ずしも十分な頭金を用意出来ない、という場合も考えられます。
そういう方々のために、頭金が無くても組むことの出来る住宅ローンというものがあります。
頭金を用意しなくていいということは、長期間の貯蓄の必要が無く、希望した時にローンを組むことが出来るわけなのですが、しかし良いことばかりではありません。
頭金が無いということは、それだけ多くの金額を借りることになるわけで、借りる金額が多いと金利がかかり、月々の支払いも多くなってしまいます。
そうなるともちろん、返済金額の総額も多くなるわけなのです。

十分な頭金を用意するために、自分の生活を圧迫したくはない、そうお考えの方も多いと思いますが、
しかし、安易に「頭金がいらない住宅ローン」に飛びつくというのも、また考えものです。
この先、自分がどういった人生を歩みたいと考えているのか、そういった明確なライフプランをもとにゆっくりと時間をかけて検討した上で、
頭金を用意するか、それともなしでローンを組むか、判断するべきだと思われます。
ともかく、よりよい人生を送れると思われる方を、選択するようにして下さい。