上手に繰り上げ返済を利用する

「繰り上げ返済」とは、月々に支払っている返済とは別に、まとまったお金が手元に入った時などに支払う返済にことで、それらは元金の返済にあてられます。
誰だってローンの返済は早く終わらせたいと願うもの。ですので、がんばって返済を繰り上げようと思う気持ち分かりますが、
あまりに無理が伴う「繰り上げ返済」は、あなたの人生のバランスを損なわせることにもなりかねませんので、注意が必要です。

「繰り上げ返済」には2種類あります。
「期間短縮型」と「返済額軽減型」です。
「期間短縮型」は繰り上げ返済によって、返済期間を予定よりも短くするものです。
「返済額軽減型」は月々に支払う返済の金額を少なくするものです。
マラソンで例えたなら、「期間短縮型」はスパートをかけて順位を上げるようなもので、
「返済額軽減型」は順位にはとらわれず、予定していた時間にゴール出来ることを心がけつつ、周りの風景を楽しみながら走る行為といえるでしょう。

どちらの方法が良いという風には、一概には言えないと思います。
それぞれにメリットとデメリットがあります。
支払期間を短く出来る「期間短縮型」だと、利息分の支払いを少なくすることが出来ますが、まとまったお金を一時に支払っても月々の返済額は変わらないので、急にお金が必要になった時などには困ることもあるでしょう。
また、「返済額軽減型」だと返済期間はそのままですが、月々の支払いが減り、当面の生活にゆとりが出ることもあるでしょう。
そういったことを理解した上で、上手に「繰り上げ返済」することが大切なのです。